[小説]ハイポセシス議論掌編集[オリジナル]

 その高校には、秘められた空間があった。関係者以外、立ち入り禁止の看板が掲げられたその部屋には、暖炉がひとつと、テーブルがひとつ、椅子が三つが備え付けられ……

 そして、何のために作られたのか、全く不明の部活があった。

 部外者の何人たりとも、其処には足を踏み入れない。そう、教師でさえも。

 秘密の部屋で繰り広げられる、くだらない、かしこぶった、ラブコメディ……でもない。

『ハイポセシス議論掌編集』

「sok.pdf」をダウンロード

※たぶん、いつかまともなストーリーをつけて、お話ができる、かも?